一日の仕事の流れとは?|国内だけにとどまらず海外ともやり取りできる求人をお探しなら貿易業を!

【求人もとむ!これぞやりがいのある仕事】貿易業務の一日

一日の仕事の流れとは?

ウーマン

貿易業務で身につくスキルとは!

貿易業務をしていると、他では学べない貿易の専門知識やコミニュケーション能力、パソコンスキルも当然身につきます。今までの仕事の集大成と言える、どこにいっても役に立つスキルが働きながら自然と身につけることができるので、人気の職種と言われています。

【一日の仕事内容】午前の部

貿易業務の仕事始めはパタパタした雰囲気からスタートすることが多いとされています。なぜなら、一緒に仕事をする相手が海外なので時差があるからです。日本が朝なら、貿易相手は昼や夕方などバリバリ忙しい時間帯かもしれません。そういったことがあるので朝から忙しくなることが多いのです。仕事内容としては、メールのチェック・取引先への連絡応対・国内外の注文や問い合わせの対応など朝から充実した仕事内容なので、あっと言う間にお昼になってしまいます。

【一日の仕事内容】午後の部

休憩が終わって午後の仕事スタートです。午後は朝と違って、貿易相手の海外が仕事終了時間になることもあり、すこし時間に余裕ができます。しかし、コレでゆっくり仕事ができると思っているのは大間違いです。貿易関係の書類作成、関税や消費税の納付、通関や運送の手配など事務作業に追われてしまいます。こういった一日なので、正直とても忙しいこともあります。しかし仕事に必要な全てのスキルを朝から業務終了までフルで使うことで、誰よりもビジネススキルが磨かれ、かなり早く成長することが出来ます。またキャリアアップも目指せる仕事なので、ぜひ自分の未来の為に働いてみませんか?気になったら求人募集をチェックしましょう。